top of page
観光という産業を考える
観光という産業を考える

7月24日(水)

|

岡山県立勝山高等学校

観光という産業を考える

観光とは何か。真庭市内の代表的な観光資源と真庭を訪れている観光客数について紹介。 近年では観光客の関心は、その地域の暮らし・文化に及び、「観光」は、全ての産業、地域全体を活性化する手段として位置づけられています。 日本・地方と経済発展に影響力がある「観光業」について、地元・真庭に当てはめた「観光」と「地域づくり」について考え、さらにSNSによる「真庭の魅力的な観光」の情報発信を皆さんと考えたいと思います。

日時・場所

さらに1件の日付

2024年7月24日 10:35 – 11:30

岡山県立勝山高等学校, 日本、〒717-0013 岡山県真庭市勝山481

講師

森脇由恵(真庭観光局)

このイベントにはグループがあります。イベントに登録すると、グループに参加することができます。
このグループに3件の最新情報があります

このイベントをシェア

bottom of page